新作の予定(あくまで予定!)

 

ここ最近は毎年、1~2シリーズ新作講談を創作しています。最近では「クジラとポン酢と長宗我部元親」に「鴻池善衛門」など。

1本書きあげるのに、取材も入れると2~3ケ月はかかるので、どうしても、こうしたペースにならざるをえません。(汗)

 

さて、今年は、何に挑戦しようかと思っていましたが、

「お茶」好きな知人からリクエストを頂戴しました。

「茶道にまつわる講談を作ってほしい」と。

そこで、早速資料を買ってきたのが、こちらの写真の「本」たち。

 

新作の講談の主人公は「古田織部」にしたいな、と思っています。

茶人でありながら、れっきとした戦国武将。

しかし、最後は謀反の疑いをかけられ、家康に切腹を命ぜられるのです。

 

どうです?

講談の主人公に十分なりそうでしょ?

 

とは言え、今のところ知っているのは、この程度。

さて、どうなることやら…

 

とりあえず、10月には披露できるよう、今から準備を始めます。

頑張りますので、こうご期待! (By 駆け出し講談作家)